環境配慮の取組

  • 廃棄物の再資源化を目標として、廃棄物引取収集の際には仕分け分別・車両への積込を人力で行い、中間処理会社へ納入する事で再資源化を容易にしています。
  • 産業廃棄物の運搬時における飛散・落下防止対策として、車両荷台側面部の改善及び荷台覆いシートの使用を徹底しています。
  • 環境関連のコンプライアンスを遵守し、廃棄物による環境汚染防止についての自主的な取組みにより環境保全に努めています。
  • 産業廃棄物の納入先(中間処理・最終処分)の工場見学を継続的に実施して、廃棄物の再資源化への知識向上を図るとともに廃棄物の削減化に努めています。
  • 環境事業の基本方針は全従業員及び当社に関わる事業者とともに活動することを基本とし、従業員への研修・教育の実施により、環境意識向上を図っています。

社会貢献活動

  • 敦賀市企業安全安心まちづくり推進協議会に加盟し、各種セミナーやイベントに参加しています。
  • 事業所内でペットボトルのキャップ(エコキャップ)を収集し、そのリサイクルで発生した利益を発展途上国の子ども向けワクチン代として寄付する運動、エコキャップ運動に参加しています。
  • 『善意のボトル』募金箱を事務内に設置し、敦賀市社会福祉協議会が地域福祉事業やボランティア活動の振興のために活用しています。
  • 行政・県民が一体となって県下一斉に環境美化活動を行う「クリーンアップふくい大作戦」に、企業として参加しています。


善意のボトル 募金箱とクリーンアップふくい大作戦

CO2排出量削減活動状況

1.事務所内におけるCO2排出量削減活動
  • 事務所内の冷暖房温度を夏季28℃、冬季20℃に設定
  • 紙使用量の削減として、裏紙の使用や極力両面印刷
  • 事務所不在時には、PC・モニター電源を切るよう習慣づけ
  • 不要照明や休憩時間の消灯
  • 事務所内の蛍光灯をLED化し、電力使用量約30%削減の達成
    (電力使用量のグラフ参照)

電力使用量のグラフ

2.車両の使用におけるCO2排出量削減活動

燃費基準達成車

  • 燃費性能の高い運搬車両導入(平成27年度燃費基準達成車)
  • アイドリングストップによる排出ガス削減
  • タイヤのエアーチェックによる燃費向上
  • 積込作業の効率化を図り、小型移動式クレーン使用時間の短縮
  • 運搬車両の引取ルート合理化
  • 通勤車両の相乗り実施